23:26:04
31

年末大反省会

自分を客観的に見る余裕が出てきたので今年の大反省会です。

体を壊した件について。
簡単に言うと、無理してる状態が普通なのに、それにさらに無理を重ね続ければ、そりゃあ体も悪くなるって話です。
あと体調不良の最大の原因はストレス。確実にそれです。

さっくりと今年一年を振り返ります。

年の始めの記憶はほとんどないです(笑)
漫画と関係ない所でいうと、
人生初!救急車で運ばれる。そして引っ越しくらいかなぁ。
今年は単行本を出せたし、付録でアニメも作ってもらえたし、応援してくれる方々の優しさに触れることもできた素敵な年でした!

沢山の幸せを感じることができた一方で、色んなものとの戦っていました。

以下私が思っていたことを、まとまりのない文章で書き殴っています。
大したことは書いてません。そして長文です(笑)


いつかの日記に、花子さんは企画コンペだったことと、
漫画が描けなくなった暗黒期があったことを書きましたが、
花子さんの企画が来たばかりの頃の事も少し書いておきます。
デビュー=連載、しかも雑誌の主力作品のスピンオフ。そのプレッシャーはとても重く、重く…。学校の怪談(本や漫画やアニメ、映画等)やホワホワ花子さんやぬーべーとか好きだったので、やりたいって気持ちもありましたが、「え?雑誌に同じような設定の作品が2つとか意味がわかんねぇ。これじゃ読者が混乱するんじゃ…?」が最初の正直な感想でした。

暗黒期もあり、お便りコーナーで漫画っぽいものを描いていたとはいえ、
漫画を描いていない期間が長く、連載は不安だらけでした。はじめての事ばかりでテンパるばかりだし。けれど時間は待ってくれないので、不安だらけでも自分を励まし前に進むしかなかったです。精神的にはいっぱいいっぱいのスタートでした。

新人が描くにはあまりにもハードルが高い企画だったと、今もちょっと思ってます。
なぜなら原作つきの漫画は、作家の漫画力が試されます。
どんなに良い原作でも、それを漫画で伝える表現力がなければ、
つまらないと思われてしまうのです。責任は重かったりします。
私の漫画の出来が酷くて作品の評価を下げてしまうのは絶対にいけないこと。
自分にできる精一杯の力で、なんとかクオリティを上げるのに必死でした。
「トイレの花子さん」という作品が好きだからこそ、頑張りすぎるのかもしれません。
背景が白いと言われれば描きこむように、
スピードが遅いと言われれば寝る時間を削ってでも…。
そういう小さな無理とストレスが体も精神も追い詰めて、
12月の体調不良を引き起こしました。

腱鞘炎以外にも、精神的な負担は右手の動きに大きく影響するので、
なるべく発散するようにしてるのですが
年末にかけて忙しくなり、ストレスを発散する余裕もなかったのが痛かった…。
なんでもかんでも一人で抱え込んでしまうのは、私の悪いところです。
あと、一つの事に集中すると周りが見えなくなったりもします。
本当にめんどくさい性格です。


ちなみに、漫画を描けなくなった暗黒期を脱出できたのは、
ブンブンの担当氏の言葉があったからです。
言った本人はもう忘れてると思うのですが、その言葉があったから私はブンブンを選び、今ブンブンで漫画を描いてます。今でもとても感謝している事です。
恩を仇で返してばかりですが(苦笑)


反省すべき点は多すぎて書けません(笑)
まぁ、今はすごく元気です。病は気からとはよく言ったものですね。
気合いを入れ直して来年も頑張ります!
すぐには変われなくても、少しずつ変わっていければいいなと思います。

今年、私が出会った方はみんないい人ばかりでした。
それが何より私を前向きにさせてくれます。
そんな方々を裏切らないように、精進しようと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございました!

0 Comments

Add your comment